×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

発達障害 原因 治療

発達障害の原因と治療

発達障害の原因と治療に関する情報をただいま準備中です。発達障害の原因と治療に関する情報をただいま準備中です。発達障害というのは、子供が成長し、発達していく過程の初期段階において、何らかの原因によって脳に障害を起こしてしまい、成長していく過程で発達する言語や運動、社会性などに障害がみられる状態のことを言います。

 

一言で発達障害といっても、その症状は様々なものがあり範囲も広く、自閉症やてんかんなどの症状も発達障害の一つとして挙げられます。同じ発達障害だと診断されても、人によって症状が異なってきます。発達障害がみられるようになった年齢や症状がある子供の置かれている環境によっても、症状が違っています。

 

発達障害と言うのは乳幼児期の頃にはなかなか判断するのが困難ですが、大体5歳から6歳くらいになると、「自分の子供はちょっと周囲の子供と違うかもしれない」と思うような点が出てきます。例を挙げれば、授業中にどうしても落ち着いて座っていられなくなったり、周りの子供達が当たり前のようにできている計算ができなかったりすることがあります。

 

このような、知能的な遅れがないにもかかわらず、何かを読んだり書いたり、計算する機能に障害がみられる状態のことを一般的に学習障害と呼んでいます。幼児期とは違い学校に通い始めると、お友達とコミュニケーションをとる機会が必然的に増えることになりますが、相手と上手くコミュニケーションをとることができなかったり、上手く会話ができないことがでてきます

 

脳の機能に障害が原因となって行動に問題が発生してしまう場合には、注意欠陥多動性障害などとも呼ばれることがあります。その他にも、音や映像などに過敏に反応するなどという症状もみられることがあります。このような症状が出るケースもあれば、自分の好きなことをみつけると、大人も太刀打ちできないような集中力や没頭をみせることも少なくありません

 

発達障害に関してはその症状も様々なものがありますが、現れる症状によっては、社会で適応していくが難しいこともあります。出来るだけ早期段階で治療を行うようにしたり、支援を受けたりすることも必要となります。


発達障害の原因

発達障害原因というのは、これが原因だと言う特定されたものがありません。しかしながら、「乳幼児期の育て方やしつけが発達障害の原因になることはない」というのは確かなことです。

 

ある発表によると、発達障害の一種である自閉症の兄弟間での発病率が2%という数字に対して、一卵性の双子の場合は、片方が自閉症であるのに対してもう一人も自閉症である確率が60%から90%という非常に高い割合であるということがわかりました。

 

この発表からも読み取れるように、遺伝的な要素が高いのではないかといわれているのです。遺伝的な要素の他に、環境的要素も発達障害の原因ではないかと考えられています。

 

昔の食生活と現代の食生活を比較してみると、やはり、大きく環境が変化しているので、食生活もかなり変化してしまいました。そのような環境のなかで、知らない間に有害物質を摂取する機会が多くなっているというのが現状です。

 

現段階においては、有害物質の摂取に関してはあくまで推測にすぎませんが、この有害物質が発達障害を引き起こす原因になっているという説があるということを認識しておきましょう。ここで問題になっている有害物質とは、水銀、アルミニウム、ベリリウム、ヒ素、カドミウムなどが挙げられます。

 

これらの有害物質は、知らないうちに体内に蓄積されることになり、脳の情報伝達や脳神経の生成などに障害をもたらすことがあるとされています。それが原因となることで、発達障害が引き起こされるという考えです。

 

誰でも有害物質を体内に蓄積することになり、全く有害物質を体内に入れないということは不可能です。しかし、現代社会に生きている子供達の中には、この有害物質をある一定量以上蓄積してしまい、体外に排出できない子供もいます。そして、それが発達障害を増加させている原因であると考えられています。